具体的なエコ生活の実践項目

エコライフ.com

エコライフ.com トップ > 具体的なエコ生活の実践項目/待機電力とサヨナラする

具体的なエコ生活の実践項目

家の中の待機電力中のホタルとサヨナラをしましょう

「待機電力(待機時消費電力)」とは、家電製品をコンセントにつないでおくだけで消費してしまう電力のことを言います。部屋を暗くしたときに、家電製品がホタルのような小さな明かりが灯っていれば、その光が待機電力の証拠です。エアコン、テレビ、ビデオ、電話などが待機電力を消費している代表的な機器となります。
待機電力を消費しているものは、以下の3つに分類できます。

  • ビデオデッキや電子レンジのような内蔵時計やモニタ表示等の機能を維持するために待機電力を消費しているもの
  • テレビやラジカセのように指示待ちの状態で待機電力を消費しているもの
  • 機器によっては主電源を切っていても、コンセントをつないでいるだけでほんのわずかな電力を消費しているもの

上記の中で、1.の場合はコンセントを抜いてしまうと内蔵時計が狂ったり、設定がおかしくなってしまうなど、機器の特徴をよく理解することが必要になります。その上で、時計が内蔵されているものの、同じ部屋に別の時計があるために必要がない場合や、長期間留守にするなど長い時間使用しないことがわかっている場合には、主電源を切ってしまってもよいでしょう。

しかし一方で、2.の場合には比較的容易に削減することが可能となります。リモコンで電源を落とせる機器では、消したあとも光る「ホタル」のような灯りが指示待ちのために待機をしています。夜間や外出時などには、主電源を切って、無駄な待機電力を減らすことができます。

3.の電力消費を防ぐためには、どんな機器でも長時間使わないときはコンセントを抜く習慣を身につけることも有効となります。毎回コンセントを付け外しするのは面倒かもしれませんが、落雷などで過電圧などがかかって機器を壊す危険性を自然に回避することにもつながってきます。コンセントの差込口近くに機器名の札をつけるなどの工夫をすると、使用をする際に混乱しなくて良いかもしれません。

また、待機電力量を知るには、製品カタログでデータを調べる以外にも、市販の消費電力計を活用することもお勧めです。3,000~25,000円くらいと価格にだいぶ幅はありますが、基本的な性能としては家電製品のコンセントに電力計を介してつなげることで、使用時間・積算電力量・電気料金などが表示されるものが一般的です。
家庭の電力消費の無駄を省くには、まずは現状把握と分析をしてみるのが一番効率的かもしれません。