具体的なエコ生活の実践項目

エコライフ.com

エコライフ.com トップ > 具体的なエコ生活の実践項目/自然エネルギーを使う

具体的なエコ生活の実践項目

自然エネルギーを使ってみましょう

自然エネルギーとは、太陽光や熱、風力、潮力、地熱などの自然現象から得られるエネルギーのことです。石油や石炭などのいわゆる化石燃料が枯渇性の不安を抱えるのに対し、主に太陽が照りつづける限り枯渇の心配がないことから、「再生可能エネルギー」とも言われています。
また、化石燃料を使うと二酸化炭素や、窒素・硫黄酸化物などが排出されるため、環境汚染につながるのに比べてよりクリーンなエネルギー資源とも言われています。
一方で、エネルギーの密度が低く、利用しづらいという部分もあります。

近年、風力発電設備の普及が急速に進んできており、2000年1月時点で約1,246万kWまで達してきています。日本の発電設備容量は7万kW弱と小さいものですが、ドイツ、アメリカ、デンマークなどで普及していて、デンマークでは国内電力需要の約10%を風力でまかなわれています。

日本でも、山形県立川町など強風の吹き荒れる地域などで大型風力発電設備が設置されるなど、風を積極的にまちづくりに生かしていく例も見受けられます。
一方、家庭の屋根やベランダに取り付ける小型の風力発電機も見られるようになってきました。

家庭用の小型風力発電機では、売電したり、家庭の電力すべてをまかない切るのは困難ですが、玄関や庭の電灯、池のポンプに利用するなど、身近な生活の中で手軽にエネルギーを生み出す体験ができると大変注目されてきています。

この他、屋根に温水装置や太陽光発電パネルを取りつけて熱エネルギーや電力へ変換して、自然エネルギーを利用することなどの普及も進んできています。なお、住宅に太陽光発電パネルを取り付ける場合などは、新エネルギー財団等の助成によって負担を軽減できる場合がありますので、色々と調べてみましょう。