かしこい節電・節水術

エコライフ.com

エコライフ.com トップ > かしこい節電・節水術

かしこい節電・節水術

かしこい節電・節水術

1.4人家族の場合、お風呂とシャワーのどっちが得なのでしょうか?

答えは、条件付で「シャワー」です。お風呂にお湯を張ると、平均で約200リッターの使用量です。シャワーは1分間に約12リッターの使用量となります。ですから、1人が4分でシャワーを済ませられれば、シャワーの方がお得ということになります。ただし、4分では終わらないと思います。もし、お風呂に入って、さらにシャワーを使うことの方が多いようであれば、 200リッター以上は使っていることになります。1人5分以内にシャワーを使い終われば、シャワーだけの方がお得になる計算となります。

2.朝食と夕食に、ご飯を合わせて3合を食べた場合

  • 炊飯器で一度に炊いて保温する。
  • 炊飯器で半分ずつの1.5合を2回炊く。

どちらの方が電気代は安くなるのでしょうか?

答えは、「1.5合ずつ炊く」です。
一度に炊いておきたいという方は、一度に炊いた後に、冷凍保存するのが良いでしょう。 ちなみに、一度に炊いて夜まで保温した場合の電気代は、約12円です。 また、炊いた半分を冷凍し、解凍のために温めた場合の電気代は、約6.5円です。

3.冷房のきいた部屋にいて、10分間外出する場合

  • 冷房を消して外出する。
  • つけたままで外出する。

答えは、「つけたままで外出する」です。
冷房をつけると、立ち上がる際に連続運転に比べて、電力が約6倍かかるそうです。ちなみに、冷房の電力は、家で使う電力のうち、どれくらいの割合を占めているかというと、

  • エアコン 約25.2%
  • 冷蔵庫 約16.1%
  • テレビ 約 9.9%

という具合にかなりの割合を占めていることが分かります。なるべく冷房はつけたくないのですが、暑いとどうしてもやる気も失せてきます。そこで扇風機を上手く活用する裏技をお教えいたします。空になったペットボトルに水を入れて、凍らせて、扇風機の前に置きましょう。そうすると扇風機の風でも涼しくなります。
細かい節約になりますが、毎日行うことで、積もり積もって大きな節約になります。

家電製品のエコポイントの申請が始まりました

エコポイントを取得する為には、どのような書類が必要になるのでしょうか。
詳細を以下の通り、取りまとめさせていただきました。

エコポイント取得に必要な書類

  • 保証書(コピー)
    • 購入日、購入店、購入製品の型番・製造番号が必ず分かるものが必要
  • 領収書/レシート(原本)
    • 購入日、購入店、購入製品の型番、購入者名が必ず分かるものが必要
  • 家電リサイクル券の排出者控え(コピー)
    • リサイクルをされた方のみ必要

エコポイント取得と商品・サービスとの交換の際に必要となりますので、上記の書類を確実に受領して保管してください。